3374753_s




こんにちは。

公務員に就職するには、筆記試験や集団討論、面接など様々な試験を受ける必要があります。



「クールビズでお越しください」

と言われても信じていいのか・・・

周りはどんな服装で来るんだろう・・・


そんな不安を抱く方も多いと思います。



今回は筆記試験の監督員の経験や、自分が受けた面接の例をもとに、服装の悩みを解決できたらと思います。








筆記試験の服装



まず最初の試験が筆記試験です。


「筆記とはいえ、スーツ着ないといけないのか?」

「もしかして服装や態度を評価されてる?」


と考えるところはあると思います。



まず、服装についてですが、

スーツである必要はありません。

私服で全く問題ありません。



試験監督をした時は、スーツの人もそれなりにいますが、私服の人もたくさんいました。



5月以降になるとジャケットまで着て外をあるくのは地獄

試験会場に着くころにはシャツが汗でピッタリしてしまいますね。



そんな状態で試験を受けては取れる点も取れなくなります。

あまり考えすぎずに温度管理のしやすい普段着で行きましょう。



ただし、タンクトップに短パンなどで行けば、否応にも目立ちます。

「強気なヤツがいたな」

と職員で話題になってしまうかもしれません。



短パンやミニスカートなどの服装を避ければ、襟のない服装でも決して問題ありません。







面接や集団討論の服装



筆記試験では服装には気を遣いすぎなくていいですが、面接や集団討論はどうでしょう。



結論から言うと、スーツで行くべきです。

ただし、「クールビズで」という連絡があったら、その言葉どおりノージャケット・ノーネクタイにしましょう



県庁の面接はおおむね夏に行われますので、

ワイシャツ(ブラウス)+スラックス(女性ならパンツorスカート)

で行きましょう。




シャツの袖の長さはどちらでもいいです。

個人的には、長袖を移動時にまくって面接時に伸ばすとしわが出来てみっともないと思います。

汗ばむような暑さなら、半袖を準備しましょう。


シャツの色は9割以上が白です。

水色などでも問題ないですが、若干浮くのは確かですね。





男性はシャツの襟に注意してほしいです。

ボタンダウンのものか、ホリゾンタルカラーのものを選んでください。


そうではない普通のレギュラーカラーはネクタイを締めて初めてキマるデザイン。

第一ボタンをはずすとだらしない印象になるので要注意です。






服装で評価は変わるのか?




まず、筆記試験では服装を少しも評価しません

試験監督は人事とは無関係の若手職員が駆り出されており、決まった通りに問題を配布したりしているだけ。

たまに会場内をうろうろ見回っているのは、座っていると眠ってしまいそうだからです。

安心して臨みましょう。





面接や集団討論などでは、服装も大事になってきます。

とはいえ「服装80点!」などと直接的な評価をするわけではありません。

清潔感、爽やかさなど、印象面の評価に間接的に繋がってきます



ぼくは面接の印象を爽やかなスポーツマンにしようとしていました。

シャツは半袖でタイト目なもの。

面接に向けて腕立て伏せ懸垂をやって、少し日焼けしておきました。



自分のキャラクターと照らし合わせて、服装を武器として使うのもいいかもしれませんね。

スラックスも黒や濃紺ではなく、少し明るめのネイビーは好印象だと思います。印象が明るくなります。








県庁職員の普段の服装


面接官は普段は県庁で働く職員です。

いつも見ている同僚の服装が、面接時の服装のチェックにも影響してきます。




ぼくの職場の男性であれば、夏はだいたいがワイシャツにスラックス。

白いシャツ、黒いスラックスの人がすごく多いです(あれは何故なんだろう)


本当なら色柄もののシャツもOK。チノパンも可です。

面接だと少し崩しすぎかもしれませんね。



女性はかなり自由度が高いです。

ワンピースでもいいし、オフィスカジュアルとしか言いようがないですね。

あえて日々スーツを着ている女性もいますし、幅広いです。






時期による服装の違い(クールビズは何月?)


面接の時期は夏が中心なので、迷わずクールビズかと思います。


ひとつの基準として、県庁の職員は5月~10月をクールビズの期間としています

この期間にあるイベントなどはノーネクタイで構わないと考えていいでしょう。



インターンや説明会ならこの時期にあると思います。

10月などに県庁へ行くと職員はネクタイをしていませんので、ノーネクタイでも決して浮くこともないはずです。




試験の際は服装はもちろん大事ですが、真っ黒スーツにネクタイぴっちりが全てではありません。

相手に好印象を与えつつ、快適に過ごせる服装を考えていきたいですね!