1000198_s






こんにちは。


最近でも公務員の男性限定の婚活イベントがあるなど、公務員男性と結婚したいという人も多いと思います。


しかし、公務員と言っても実際は皆がみんな定時帰りではなかったり、イメージ通りとはいかない部分もあるのが事実です。


そこで今回は、実際に県庁職員の僕と結婚した妻に、公務員と結婚してよかったことを聞いてみました。








帰りが早い日が多くて嬉しい!




これは職種や人による部分もあるかと思いますが、僕は比較的早く帰ることが多いです。


定時に上がれば18時半ころには家に着いているような感じ。



忙しい時期は22時ころの帰宅が続く週もありますが、基本的には一緒に夕食を食べています。



妻の姉妹は、夫が営業職で残業や飲み会なども多く、帰りが遅いことが気になっているとのこと。




また、地方公務員の強みとしては都会のど真ん中のオフィスではないことが挙げられます。


これによって、職場の近くに自宅を構えても家賃などがあまり高くなりません



「定時帰り」以外のこういった側面でも、都会の民間企業よりも帰宅が早いということに繋がっていますね。


夕方の保育園のお迎えを担当しているお父さん職員もいるくらいです。










転勤がないのは子育てを考えるとありがたい!



子育てという点でいうと、大きな転勤がないことがメリットとしてあります。



独身の時は

「単身赴任は寂しいから嫌だなあ」

「3年くらいならいいか」

などと思っていましたが、いざ結婚して子どもができることを想像すると大変です。



県庁職員であれば、子育てのどんな時期も転居を伴う異動はありません
(島とかがある場合はわかりません)



夜泣きの世話を交代で見ることも出来ますし、保育園の送り迎えも分担できます。


家の掃除などの単純な家事も、一人で子供をみながらでは大変です。



僕が公務員になる前にいた企業でもある程度の配慮はありました。

子どもが生まれる男性は、自宅の近くの職場に異動させてもらえるなどです。

しかしそれも子どもがひとり立ちするまでとはいえません。



子どもが欲しいか等、5年後10年後の生活を想像したときに、夫が家にいてほしい人は公務員との結婚はとても良い要素になると思います。









友達や親からの評価が高い!



友達に紹介したときのリアクションが良好だそうです。


個人的には有名企業の方がウケも良く、収入も多いと思うのですが。



特に親に初めて紹介した時は、良い印象だったようですね。


年配の方ほど、

「公務員は安定していて高給取り」

というイメージを持っているのは確かです。


市役所よりも県庁という響きがカッコよくも聞こえます。


県庁に入る難易度や、実際の収入以上の評価をされるので

「夫の職業を周りに恥ずかしくて言えない」

ということは起こらないでしょう。







やっぱり安定している!経済が傾いても失業はしない




これはコロナウイルスが流行したことで再認識されました。


様々な業界で仕事が完全に滞り、決算も大幅に下方修正しましたよね。


当然、給料やボーナスに大きな影響があったはず。

場合によっては人員削減せざるを得ない会社もあるでしょう。



個人事業主なら尚更厳しい状況だと思います。



こういった有事の際、公務員はむしろ仕事が増えることになります。


クビになることはありません。




ただし、まったく収入に関係ないかというとそうではありません。


民間の給与水準が下がると、公務員の給料も下がるように仕組みができています。

これは一般にあまり知られていないですね。




大儲けということがなくても、こうしてどんな時も安定して仕事があるということは、やはり強いことだと夫婦で実感しています。







毎日楽しくて幸せ!



これはただのノロケです。



公務員というと

・堅い
・マジメ
・つまらない

イメージがあるかもしれませんが、中にはそうでもない人も多いです。


「プライベートに振り切った生活をする!」という理由で公務員になった友人も、職場にたくさんいます。


楽しく遊ぶ公務員も多いので、堅いイメージを忘れて、婚活の候補に入れてみてはどうでしょうか。