7ecb444cf23abc8e01162dfa988a6d8b_s


こんにちは。 

「採用された後にやりたい仕事はありますか?」

こんな質問をされることがあると思います。




そんなこと聞かれても分からない!

やりたい仕事はあるけど、それをそのまま言っていいのか…



そんな皆さんに今回は僕が思う、言われたら面接官の印象が良い答えの例をいくつかお伝えしたいと思います。







花形ポジション「財政に関わる仕事」!



これを受験生が言ったら


「なんだコイツ!」って少し引くと思います。



普通の受験生ならイメージしやすい福祉の仕事や、まちづくりの業務を研究してくるところ。


そこであえて内部の、かつ役所の頭脳とも言える「財政」をあげるのは、ほかを出し抜くには最高の答えだと思います。



役所の業務は全て、予算をもとに動いています。


その予算を取り仕切るのが財政課です。

(課の名前は違う場合もあります)


その時々にあった、最適な施策を考える仕事をしたい。素晴らしい「やりたい仕事」だと思います。



この仕事は残業が多い場合がほとんどなので、体力もありそうなキャラクターの方にオススメです。






大変でも個人のために「福祉に関わる仕事」!



誰もが住みよい社会をつくりたいという動機も、わかりやすくて良いと思います。


特に今はSDGsともいう、誰も取り残さない行政の考え方が求められています。



人の少ない山間部のお年寄りをどうするか、生活保護を受ける人たちの暮らしをどう改善できるか

ある意味問題の山積する分野です。



興味のある分野があれば、国の省庁のホームページを見てみるといいでしょう


報道発表の資料などで、タイムリーな取り組みが挙がっているはずです。


予算の概要などの資料も見られれば、いま何に重点を置いているかがわかり、的確な回答に繋がります。





経験を活かしたい「スポーツに関わる仕事」!



これはありがちですが、とてもオススメの答えです。


特に見るからにスポーツマンの人は絶対に言うべき


なにより爽やかさが倍増します。



具体的には、ラグビーワールドカップやオリンピックパラリンピックのために、自治体が整備したスタジアムや道路などがあるはずです。



それらを大会後に活かす方法を今我々は考えているところ。


そういったことに取り組みたいと伝えると、よく勉強してきたことが面接官にも伝わると思います。





災害から住民を守る「防災・危機管理に関する仕事」!



これは最近の災害の多さから、特に必要とされている部分です



大きな被害を出した東日本大震災の津波をはじめ、河川の決壊、土砂崩れ、台風による住宅の被害


もはやどんな地形でも免れることができないものになっています。



関東の某県では台風の対応の遅さが問題となりました。


有事の際に備えてどれだけ準備が出来ているか。防災の部署の力は非常に重要です




また、実際に災害が起きた際は、部署を問わずに出勤して働く必要があります。


そういった際に躊躇いなく住民のために働けるメンバーが必要だと、役所も最近身をもって感じているところです。




災害対策の部署で働いてみたい。

配属されなかったとしても、有事の際は地域の力になりたい。



なんて言うと、日頃の公務員の大変さが理解されていて面接官もよろこびます。







いずれにせよ、面接官を務めるのは、普段は人事以外のそれぞれの部署で働いている職員です。


複数の部署を異動してきた職員なら、自分の自治体の業務は広く把握しています。



その中でも

「おっ、こんな仕事があることも知ってるのか」

と思わせる一言が言えたら、意欲が伝わることは間違いありません



「大変なことだと思いますが…○○をやってみたい」

なんて言えたら抜群です。